INTERVIEW井戸垣産業のひと

「家に帰るのが楽しい」
そんなお客さまの言葉で、苦労も全部吹き飛ぶ。

2018年新卒入社

門脇 史果

アドバイザー

井戸垣産業に入社したきっかけを教えてください。

私は建築の専門学校に通っていたわけではなくて、情報処理や簿記などビジネス情報について学んでいました。昔から絵を描くのが好きだったんですが、それを知った学校の先生が井戸垣産業を勧めてくれました。説明会に行って社長とお話をしたとき、建築のことは全く知らなくても大丈夫ということで安心したのを覚えています。いただいた資料の中に文房具一つひとつが大事にしまわれている写真があり、整理整頓に力を入れていることを知って、すごくいい印象を持ちました。
元々私は喋ることが好きだったので、お客さんと話す仕事にも向いているのではないかと思って、こちらに入社させていただきました。

Q現在の業務内容を教えてください。

今はアドバイザーとして主に外構工事を担当しています。お客さまは新築を建てられた若いご夫婦が多いですね。現地調査から打ち合わせ、見積もり、工事まで一連の流れを全て担当しています。もちろん、先輩方にアドバイスをいただきながらですが。私はデザインが好きなので、楽しんでお仕事ができていると思います。常日頃、インターネットでデザインなどの情報を収集し、知識の幅を広げるようにしています。実際に働いてみて痛感したのは、アドバイザーって話し手よりも聞き手としての役割の方がずっと大事だということ。お客さまが何を求めているのか?をしっかり押さえた上で、自分なりのアイディアをご提案しています。

Q仕事で一番やりがいを感じるのは
どんなときですか?

この仕事は大小問わず様々なトラブルが起きます。実際に工事してみて初めて“あれ?うまくいかない…”ということがよくあるんです。結果、予定が変更になって心苦しく思うこともあります。また、ベテランの職人さん達に経験が浅い私が色々伝えるのは難しくて悩むこともあります。でも、外構工事が終わった後、お客さまに感謝をされると大変だったことも全部吹き飛びます。工事後にいい天気になるのを待って、お写真を撮りにお邪魔することがあります。以前、そんなときにお客さまから“毎日、家に帰るのが楽しいです。本当にありがとうございます!”と言われたことがあって嬉しかったですね。

Q井戸垣産業はどんな会社ですか?

プラス思考の方が多い会社だと思います。私はよく失敗もしますし、ついついマイナス思考になりがちなのですが、先輩と話しているといつも前向きになれます。中でもチーフは物事を先の先まで考えられる人で尊敬しています。まだ3年目ですが、少し仕事に慣れるとアドバイザーの視点に陥ってしまいます。そこをお客さまの視点に立って、「こういう風にした方がいいよ」と優しくアドバイスしてくれるので、本当に助かっています。業務改善会議ではみんなで話し合えるので、フォローし合える環境であることに感謝しています。

Q休みの日は何をしていますか?

普段はよく寝てます(笑)。テレビドラマもよく観ますね。音楽も大好きです。大阪や京都、名古屋など色々な場所へ旅行に行きました。食べることも好きなので、ご当地グルメを調べて食べたりして。ここが好き!っていう旅行先は特になくて、今はリピートせずに色々な場所に行ってみたいと思っています。最近は神戸の海側に行ってリフレッシュしました。鳥取って日本海に面しているんですけど、倉吉って少し海から離れているのであまり行かないんですよね。旅行のときはよく海に行く気がします。

Q将来の夢を聞かせてください。

外構に関する資格を取得したくて、今勉強中です。自分なりに情報収集をしたり、日々の仕事の中で勉強したりと頑張ってはいるつもりですが、まだまだ知識がなくてもどかしく思うときがあります。市場にどんな商品があってどんな特徴があるのか?といったことや、今どんなデザインが流行っているのか?といったことに関して、常に知識をアップデートしたいですね。あとは常にお客さま視点でいることを心掛けたい。最終的には、お客さまに安心してもらえるようなアドバイザーになりたいです。

インタビュー動画

RECRUIT求めるのは明るく高い
理想を
基にした
独創性行動力
井戸垣産業の採用情報を知る
ホームデコの専門サービス
  • リフォーム
  • 外壁塗装
  • 外構・エクステリア
  • 井戸垣産業のオンラインショップ「ゆとり生活」